H-TOAとは

2016年活動開始。東京を中心に活動している創作団体。

舞台上で物事が起こる重要性と観客がその場所から離れて物事を考えることをテーマに創作を始める。

鑑賞者の行動や思考の状態に着目し、舞台上の現象と混ざり合い新たな思考へとむかう場の創出を特徴とする。

様々な対象および行為の境界線や物差しを別な角度から引き直したり

それ自体をなくしたりすることによって物事、現象のブレを前景化させる。

俳優が演じる中華料理屋さんの店主の話を観客が塗り絵をしながら鑑賞する「ワンさんの一生とその一部」や

観客が本を読みメモを取りながら、フィールドワークの要素も併せ持つ「これはペンです」などを発表。

作品について

東京での発表は約1年ぶりになります。
この一年で滞在制作や台湾での公演を経て、
作品を様々な人、場所の経験や層に触れさせて、厚みを重ねていく必要があると思いました。
作品が持つレイヤーの厚みと観客が出会うことが今私が思う演劇である、ということなのです。
テキストベースの諸問題を上演側から接近して立ち上げる、といったことを目標としています。
長く取り組める作品になればと思っています。(峰松智弘)

公演日程

【東京公演】

2018/4/27.28.29
MDP Gallery SPACE M

【台北公演】
Taipei Fringe Festival参加作品

2018/7/21
山吹ファクトリー
(東京にてショーイングとして)

2018/8/5.7.8
AMA Cafe-2F ,Artalley Cafe-2F

【京都公演】
KYOTO EXPERIMENT
京都国際舞台芸術祭2018
フリンジ
「オープンエントリー作品」

日程
10/5(金) 17:00
10/6(土) 14:00 17:00
10/7(日) 14:00 17:00

会場
GALLERY 35 KYOTO KAMANZA
(京都市中京区釜座通り二条上る大黒町696)

入場料:予約2000円 当日2500円

予約方法

お名前、ふりがな、日時、枚数をご記入のもと

htoa.ticket@gmail.com

にメールにてお願いいたします。

こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。

作品発表者

峰松智弘里見真梨乃金城裕磨

©2015H-TOA